作業員

鳩被害について

被害を未然に防ぐために

作業員

鳩被害は一戸建てよりもマンションなどの共同住宅のほうが被害を受けやすい傾向があります。鳩は鳥獣保護法により保護されている鳥です。個人が勝手に捕殺することはできません。そのため、鳩被害を未然に防ぐには、鳩が居ついてしまう前に飛来してこないように対策をすることが大切です。ベランダに少しでも鳩のフンを見つけたら掃除をし、ベランダに物は置かないようにしましょう。洗濯機をベランダに置いている場合はすき間をふさいでおきましょう。鳩はすき間を好む性質があり、すき間に巣を作ってしまいます。そして、可哀そうと思いがちですが、鳩をベランダに見かけたらすぐに追い払いましょう。何もしないで放置しておくと鳩に自分の縄張りと認識されてしまいます。そうなると、深刻な鳩被害へと発展する可能性が高くなります。

プロに任せて安心

マンションで鳩被害にあったら、マンション全体で対策をたてるのが得策です。個人の力ではなかなか、鳩被害を無くすことはできません。マンション住民の一致団結がものを言います。鳩にエサをやらないルールを作ることも大切です。また、マンションのすべてのベランダに鳩除けネットを施工するのも効果的で、侵入経路を防ぐ効果が高いです。こうした施工はある程度自分達で対応することもできますがプロに任せることもできます。鳩対策に強い業者なら、鳩避け以外にも剣先などを使って鳩がベランダに止まらないようにすることもできますし、特殊な電磁波を流す機器を使用して鳩を寄せ付けないようにすることもできます。